Hatena::Groupocaml-nagoya

yoshihiro503の関数的日記

2009-12-07 (Mon)

オブジェクト指向言語モデルFJのラムダ計算への埋め込み

| 23:05 | オブジェクト指向言語モデルFJのラムダ計算への埋め込み  - yoshihiro503の関数的日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - オブジェクト指向言語モデルFJのラムダ計算への埋め込み  - yoshihiro503の関数的日記

2009-05-07を読んで「オブジェクト指向言語より関数型言語の方が表現力が高い」と思ったので証明してみた。

OO言語モデルはこのまえid:keigoiさんと飲んだときに教えてくれたFJ(Featherweight Java)を使用した。そして、関数型言語モデルはおなじみラムダ計算レコード不動点演算を入れた単純拡張ラムダ計算(λ+と呼ぶ)を利用した。

2節ではFJサーベイし、3節ではλ+をサーベイする。そして4節で埋め込み関数定義し、それがうまいこと行ってることを証明した。

証明とかはハテダよりTeXの方が書きやすかったのでTeXで書いてみた。http://www.itpl.co.jp/ocaml-nagoya/index.php?plugin=attach&refer=%C8%AF%C9%BD%BB%F1%CE%C1&openfile=doc.pdf